闇金から借りたお金を返済させない方法

貸金業として正式な登録をしていない闇金は、その他の金融業者に比べて利息が高く、返済までの期間が延びれば延びるほど、返済額が雪だるま式に増えていきます。

そのため、闇金は利益を得るために、借りたお金を返済させないようにし、借りた人から長期間お金を引き出そうとするシステムを作っています。それは、「事前連絡」です。

普通の金融業者では、返済期間までにお金を準備し、指定の返済方法をとればそこで返済は完了します。しかし、闇金では、返済期間までにお金を用意しても、返済日までにあらかじめ連絡をしておかなければ元本の返済を受け付けない、という方法をとっています。

そして、元本の返済ができていないという理由で、利息分だけを払わせます。当然、利息分しか払えないために元本は減らず、利息だけが増えてしまいます。闇金はその他の金融業者よりも返済日までの期間が短いため、次々と利子分だけを支払わせ続けようとしてきます。

より悪質な場合は、返済日の前に連絡をしたとしても、担当者が不在であるという理由で事前連絡を受け付けてくれなかったり、連絡してもつながらないようにしたりします。なるべく長期間、元本を返済させないように仕向ける、というのが闇金の作戦です。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。