実際に闇金(ヤミ金)からお金を借りた後の取り立ては怖い思いをする?

闇金というと厳しい取り立てをイメージする方も多いと思います。
もし闇金から実際にお金を借り、返済ができなくなったらどんな取り立てが待っているのでしょうか。

たとえば、正規の金融機関の取り立ては主に電話と手紙で、その内容も決して怖いものではありません。
電話で担当者と話す場合はなぜ返済ができなかったのか、今後いつなら返済できるのか、もし返済の予定がない場合はどうしていくべきか、などを話し合い、強引に取り立てるようなことはしません。
プライバシーにも配慮してくれるため電話で金融機関であることを家族に名乗ることもありませんし、あくまでも冷静に今後の対応について相談することができます。
一方で闇金の取り立てはこんなに甘くありません。
元々違法な業者ですから取り立ても違法であることが多く、自宅に乗り込んできて怒鳴ったり物を蹴っ飛ばしたり、今すぐ払えと脅してきたりします。
これは多くの人にとってかなりの恐怖で、恐怖心から別な闇金からお金を借りてでも返済のお金を確保するというケースもよく見られます。
返済できなければ家族に取り立てをしたり、勤めている会社に来たり、とにかく手段を選ばずに取り立てを行うのが闇金の特徴です。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。