貸金業登録をしている業者もあるのでご注意を!

貸金業登録をしていると、スポーツ新聞や雑誌などへ広告を打つことが可能となるからです。

だいたいスポーツ紙などへの広告掲載条件として貸金業登録をしていることが義務つけられているからです。

こういった一般に紛れたヤミ金業者を見極める方法として、貸金業登録に記載されている番号に着目すると簡単に見極められます。

たとえば「東京都①」といったように、都道府県の次に番号を記してあります。これは数年おきに更新される回数を表わしたもので、①というのはつまり登録して一回も更新をしていないという意味です。

こういった新規の業者には要注意が必要です。また、自宅などに送られてくるDMなどにも要注意で、彼らは何らかの方法で多重債務に陥っている人のリストを集め、それを元にDMを送りつけているのです。たしかにそのほうが、魚のいるところに釣り針を垂れるではありませんが、確立は高いでしょう。

そういった業者もだいたいたヤミ金業者ですので、簡単に飛びついてはいけません。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。