闇金から借りて、銀行口座凍結?最悪の場合逮捕も?

闇金からお金を借りて、現在返済中、または過去に返済済みで取引が終わっていたとしても、いきなり自分の口座が凍結されることが実際に事件としてありました。
こんな恐ろしい事が現実には起きており、何人もの被害者が困ってしまっているのです。

簡単に説明をすると、仮にAさんが闇金業者に借入の申込みをします。その後融資が確定して、Aさんの銀行口座にお金が振り込まれます。
この時Aさんの銀行口座が闇金業者にばれてしまうことが問題なのです。
何故かというと、この融資で確定した費用の振込みが、実はその闇金業者と取引中のBさんがヤミ業者へ返済するために振り込んだ費用なのです。
闇金業者は足がつかないよう、債務者同士で上手くやりくりをして、Aさんの口座が業者指定の口座として利用されてしまっているのです。

そうすると、仮にBさんが闇金業者からの嫌がらせなどに耐え切れず、弁護士・司法書士などの専門家・または警察に相談した際に、闇金業者ではないAさんの口座が振込み先として利用されていたため、口座凍結されたり、最悪の場合、闇金業者とAさんがグルでBさんをはめようとしていると判断され、逮捕されてしまうこともありうるのです。

こういった事例は実際に起きており、専門家に相談して、警察と交渉してもらわないと、警察は全く持ってとりあってくれません。

年々手口が巧妙になってきている、闇金業者に対応する解決策としてはやはり、どれだけ早く専門家に相談し、早期解決をするかにかかってくるかと思います。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。