闇金とサラ金の違いとは

昔は金融機関からお金を借りる場合に法外な金利での借り入れや脅迫や取り立てを強要するような金融機関が多くありましたが、この頃に恐れられていた金融機関は闇金だけでなくサラ金も違法な貸し付けや取り立てをする業者として良いイメージはありませんでした。
この闇金とサラ金を混同して覚えているという人が少なくないのですが、本来は別々の金融機関であり、サラ金に関しては賃金業者としての登録を受けている正規の金融機関で、店舗や会社としての実態があるところがほとんどでした。

なぜ、サラ金の場合はオープンなお金の貸し借りができていたのかというと、サラ金というのはサラリーマン金融の略称となっており、その名称の通りサラリーマンがお金の借り入れをすることが目的となっていることからのサラ金というネームで、正式な名称は誰もが知っている消費者金融のことです。

最近の世代の人は消費者金融に対して良いイメージを持っている人も多いと思うので、あまり怖い取り立てや催促を行うというイメージが湧かないかもしれませんが、今のように法整備がしっかりとされていなかった頃は違法な金利でお金を貸すというケースもすくなくありませんでした。
そのため、昔はサラ金と闇金から黙ってお金を借りてはいけないとよく言われていた時代もありましたが、現在の消費者金融は法律の下できちんと貸し金業が運営されているため、計画性を持ってお金の借り入れをして返済するのであれば問題はありません。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。