闇金と暴力団の関係について

お金を借りたいとお考えの方は、闇金と関わってしまうことの無いように十分注意しましょう。
自分は闇金と関わるはずが無い、闇金は見るからに怖そうな人たちがやっているからすぐに見分けられるはずだと考える方も多いかもしれませんが、油断は禁物です。

最近では普通のサラリーマンと見分けのつかないようなソフト闇金などもありますし、インターネットのホームページから申し込みできる闇金も増えています。

いつでもご自分が闇金と関わってしまう危険にさらされていると思って警戒しておくに越したことはないのです。

闇金といえば暴力団が営んでいるというイメージがありますよね。

確かに暴力団が営んでいる闇金が多いのは事実ですが、実は世の中にある闇金全てを暴力団が営んでいるというわけではないのです。

もともと暴力団の闇金業者で働いていた人が独立して個人で闇金を営むこともあるでしょうし、暴力団とは関係なく、副業のような感覚でやっている一般の人もいます。

今はインターネットが普及していますから、ホームページを立ち上げて闇金業者を経営しているケースも多いでしょう。

そのような闇金業者のホームページは良くできていて、すぐに見抜くことが困難です。

堂々と日本貸金業協会のロゴなどをホームページに載せている業者もありますから、騙されてしまっても無理はありません。

また、090金融と呼ばれているようなものはビラに携帯番号を書いておくだけですし、現金の受け渡しは待ち合わせをして車内などで行いますので、一般の人が営んでいるケースも多いといえるでしょう。(闇金を営むことは非常にリスクが高く、当然厳しい罰則が科せられることになります。)

そのうえ意外なことに、暴力団が経営している闇金業者よりも、一般の個人が経営をしている闇金業者の方が非人間的な恐ろしい取り立てを行っていたりするケースが多いのです。

一般人が営んでいるから安全というわけでは決してありません。

むしろ逆といっても過言ではないでしょう。ですから、暴力団が経営していないからと甘く見て闇金に手を出してしまうことは絶対にやめるべきなのです。

このような非人間的な闇金業者に一度でも関わってしまったら、まさに人生を棒に振ってしまいます。
もともと違法を承知でやっているわけで、そこに常識は通用しません。

お金を貪るためならどんな汚い手でも使ってくるでしょう。

わざと完済をさせずにずっと利息を貪り続ける闇金業者も多いですし、一度闇金の手に個人情報が渡ってしまえばさまざまな業者から勧誘されたり押し貸しの被害に遭ったりとどこまでも追いかけてきます。

一旦関わってしまえば、そこから抜け出すのは非常に困難なことなのです。

もう自分一人の手には負えないと感じたら、専門家に相談することがなによりも重要になってきます。

ですからお金を借りる際には、まずとにかく冷静に考えましょう。

本当に必要な借金ですか?ほかに方法はありませんか?

どうしてもほかに方法がなくやむを得ずお金を借りなくてはいけない場合、業者選びは本当に慎重にすべきでしょう。

インターネットで手軽に申し込みができるからといって、良く調べずに申し込みをしてしまうようなことが絶対にないようにしましょう。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。