闇金業者に銀行口座を渡すのは犯罪です

闇金業者に銀行口座を渡すことは非常に危険なので絶対に止めましょう!

闇金業者は違法業者のため、銀行口座を持っていません。

そのため、債務者に利子が払えないなら銀行口座を渡すように要求してくる場合があります。

しかし、銀行口座を渡すことは違法なので、警察に知られた場合には法律違反として犯罪者となり、非常に重い罰を受けることになります。

初犯でも執行猶予3年、懲役3〜5年とかなり重い罰を受けた例がございます。

そうなると犯罪者として、社会的地位も失う可能性がかなり高いのです。

更に、闇金業者に銀行口座を渡してしまうと、債務者にもう犯罪者だから警察に言われたくなければ利子を払えと脅されてしまう場合もあります。

闇金業者の言うことは真に受けず、徹底して戦いましょう!

利子を1回分見逃してくれるという甘い言葉には気をつけて下さい。

しかし、闇金から借りたことなどはなかなか家族や知人に相談できませんし、相談しても解決してくれる可能性はかなり低いです。

そこで頼りになるのが闇金に強い法律家です。

闇金業者に銀行口座を渡して犯罪者になる前に法律家にしっかり相談しましょう。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。