闇金業者の見分け方

以前は、出資法の上限金利は29.2%、利息制限法は20~15%となっていましたが、平成22年6月18日に貸金業法が改正され、出資法の上限金利は20%に引き下げられました。

貸金業を営むものが、20%を超えた金利で貸し付けを行っている場合は、出資法違反で刑事罰が課せられます。

また、利息制限法と出資法の上限金利の間で貸付けると貸金業法の法令違反で行政処分の対象になります。

出資法の上限金利 年20%は、1日当たり、約0.05%(20%÷365日=0.05479…)となるため、借金1万円につき、1日あたり5円が上限利息となります。
つまり、これを超える利息をとることは、本来貸金業者が守らなければいけない利息制限法違反となるため、闇金業者と言えます。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。