元神奈川県警の男に有罪判決 ヤミ金業者に個人情報を漏洩

警察が持つ個人情報をヤミ金業者の男に漏洩(ろうえい)した罪に問われた神奈川県警の元巡査部長の男に、執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

神奈川県警伊勢佐木署の元巡査部長・戸高建吾被告(46)は去年3月から4月までに、捜査情報などが登録されたシステムを照会し、4人の名前や住所などの個人情報をヤミ金業の男に漏洩した地方公務員法違反の罪に問われています。6日の判決で、横浜地裁は「警察官の立場を悪用し、警察内部のシステムを使用した。公務員としての服務に違反する常習的犯行で悪質。ヤミ金融業が取り立てに利用することを知りながら犯行に及んだ」などと指摘しました。一方で、戸高被告が事実を認めて反省していることなどから、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡しました。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170206-00000032-ann-soci

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。