“超”高金利ヤミ金 法定金利20~30倍 男ら8人再逮捕 

【ファクタリング】と呼ばれる債権の買い取り契約を装いヤミ金を営んでいた業者が摘発された事件で、
大阪府警生活経済課は15日、出資法違反(超高金利)容疑で、
東京都中野区弥生町、無職、三浦和仁容疑者(36)ら男8人を再逮捕した。
府警は認否を明らかにしていない。

再逮捕容疑は、昨年6~9月、堺市の会社経営者ら4人に対して18~50万円を貸し付け、
1日当たり0.3%の法定利息を上回る1.11~1.92%の利息を受け取ったとしている。
年利換算すると法定の23~39倍という。

本来のファクタリングは中小企業が保有する売掛債券を買い取って代金を回収するが、
ヤミ金業者が債権を担保に高金利で金を貸し付ける手口が横行。
府警は1月、貸金業法違反(無登録)容疑で三浦容疑者らを逮捕していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000580-san-soci

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。