闇金への具体的な対応策

脅迫を受けている事実をテープ等に録音し、警察に被害届を出す。
被害届で警察が動いてくれない場合は「刑事告訴状」にしましょう。

刑事告訴状を警察に提出すると、警察もただの被害届のように見過ごせなくなります。つまり捜査をしなければならないという拘束力があります。

この被害届を出す時、警察官によっては貸金業規制法違反が警察の取り締まり対象であり、刑事事件とは知らない場合があり「民事不介入」と言われるケースが多いですが、その場合は、「貸金業規制法違反は刑事事件であるにもかかわらず、どうして対応してもらえないのか?」について伝え、納得してもらいましょう。

その時に責任感を持ってもらう為に担当してくれる警察官の名前を必ず聞いておきましょう。

但し、偉そうな態度でなくあくまでもお願いする姿勢でのぞんでください。相手も人間なので問題に取り組む姿勢が変わってくることもあるからです。

闇金業者には、警察に対応してもらっている旨を伝える。または警察官に電話してもらい、返済が終わったという証明の通知を送るよう伝えてもらう。

闇金業者は違法な金利で貸し出していることが警察にばれると捕まるので、このようなケースの場合、借金自体がもう無いといってくる場合が多いようです。

このような言葉が出てきた時は必ず、完済証明(支払が終わった証明)を送るように伝えましょう。「後で合って話そう。」などと言われても無視し、出来れば警察官に「完済証明を送らないと刑事事件として私が対応する。」と言ってもらいましょう。

対闇金の最強弁護士・司法書士に
無料相談できます。